【彼を諦めようとすると連絡が来るのはなぜ?】スピリュアルの考えでは2人は前世から繋がっている運命

 

諦めようとすると連絡が来る スピリチュアル

 

人によっては、好きな人から連絡が来るのは、諦めようと思ったときやもう忘れた頃に限ってなんてことがあると感じるかもしれません。

そして、そんなときに「会いたい」と言われたり、その縁が途切れない場合があります。

 

そんな場合もしかしたら、彼はあなたの運命の人「ツインレイ」かもしれません。

 

 

その場合、無理に諦めようとしても忘れられず、苦しむこともあるかもしれません。

この記事では、そのようなスピリチュアルな意味や、その人との関わり方について、解説していきます。

 

 

 

なんで彼を諦めようとしているのに連絡が来るの?

 

「諦めようとすると必ず連絡が来る」というスピリチュアルな意味は、もしかすると、その人がツインレイ(運命の人)であることを示唆しているかもしれません。ツインレイとは、この世に生まれる際に、あなたの魂が半分に割れて、もう一方の半分を持つ相手のことを指します。魂の絆を持つ人同士を「ソウルメイト」と呼び、現世には複数人いると言われていますが、ツインレイはその中でも、たった1人しかいない、最も深い絆で繋がる運命の人です。

 

ツインレイは、これまで何度も輪廻転生を繰り返してきた相手であり、物理的な距離や別れがあっても、諦めることができない存在です。逆に、困難な状況に遭遇した時こそ、困難を乗り越えるために努力します。

 

 

しかし、ツインレイの関係には多くの困難が存在します。例えば、どちらかが既婚者であったり、年齢差が大きかったり、遠距離恋愛で会えなかったりすることがあります。それでも、諦めることができないと感じるのは、お互いに深い絆を感じているからです。

もし本当に諦めたい場合は、相手との連絡を断つことで解決できますが、スピリチュアルな絆があるため、断ち切ることができない場合もあります。ツインレイの縁は、非常に深く結ばれたものであるため、困難な状況に直面しても乗り越えることができます。

 

 

諦めようとすると連絡が来るのは「執着」を手放し始めているから

 

ツインレイに対して諦めを決めたとき、相手から連絡が来る理由は、自分が執着を手放すことができたからです。一方で、「執着を手放すと執着していたものが手に入る」という法則はツインレイにも当てはまります。

ツインレイ同士が最終的に到達する関係性とは、お互いに自立した上で相手を愛する関係です。一人でも生きられるし、相手を無条件に愛することができるけれども、一緒にいられたらもっと嬉しくて幸せになれるという感覚もあります。ツインレイ同士は、自由で信頼に満ちたパートナー関係を築くことができます。

 

つまり、ツインレイに対する諦めは、魂のステージを次の段階に進めるために必要な感覚であると考えられます。執着を手放せた瞬間に相手から連絡がくるのは、自分自身が成長したことを相手に分かち合いたい魂の喜びからかもしれません。

 

 

ツインレイかどうか確認するには?

ツインレイかどうかを確認する方法の一つに、超自然的な力が働いているかどうかを観察する方法があります。

 

ただの思い込みで、ツインレイだと思っていた人が実はそうではない場合もあります。偽のツインレイと呼ばれる存在もいますが、これらは本物と同じような愛情や絆を感じることができますが、お互いに依存しやすく、魂の成長を妨げる可能性があります。

 

ただし、偽のツインレイとは異なり、本当のツインレイでは、

 

諦めようとすると必ず連絡が来て縁が繋がり続ける

 

といった、偶然とは思えないスピリチュアル現象が起こることがあります。このような現象は、心理学やスピリチュアルの分野で「シンクロニシティ」と呼ばれています。シンクロニシティが頻繁に起こる場合、ツインレイの可能性があります。

 

ツインレイかどうかを確認するためには、彼や彼女との間に他にもシンクロニシティが起こっているかどうかをよく観察してみることが重要です。

 

特別な存在とのスピリチュアルな繋がりがある場合、諦めたり忘れようとすると必ず連絡が来ることがあります。

そのような人からのアプローチは、自分自身も心のどこかで嬉しいと感じるかもしれません。

ツインレイを拒絶するよりも、彼とどうすれば一緒にいられるかを前向きに考え、パートナーとして受け入れることにエネルギーを注いでみることが大切です。

 

彼がツインレイか確認するには?

 

 

タイトルとURLをコピーしました