コーナー名 

海外投資 > 糖尿病との出会い3

関連情報

 

 

 

 

  

コントロールスタート

 

さて、10月初旬から開始したカロリーコントロールですが、具体的には

 

 

朝食

 

(これまで) 食パン1斤+クリームパン等の甘いパンをたらふく(こっ子供か?)+コーヒー+野菜ジュース+ヨーグルト

 

(コントロール後) 食パン2斤+コーヒー+野菜ジュース+ヨーグルト

 

昼食(平日会社の場合)

 

(これまで)定食でご飯やや大盛り

 

(コントロール後) 定食でご飯は中盛り(ごはん茶碗2杯程度)に減量。

 

夕食

 

(これまで) ごはんは茶碗2杯程度+おかずは食べたいだけ、もしくはあるだけ

 

(コントロール後)ごはんは茶碗2杯+ 「」の本にあった一回700kcal程度になるように減らしてもらった。つまりおかずのおかわりは貴本的に禁止。

 

そして

 

(これまで)おやつは平日は夕食後、休日は食べたい時に食べたいだけ。(完全に子供状態)

 

(コントロール後)基本的におやつはなし、です。(大泣き)

 

まずはカロリーコントロール開始初日、朝食後しばらくすると、「グルグルグル〜、グルグルグル〜」、そして昼食、夕食後も「グルグルグル〜、グルグルグル〜」とおなかが鳴り始めました。

 

食事後すぐに空腹感が襲ってきます。

 

やはりおなかというか胃袋はこれまでの量を忠実に覚えていて、食べたい食べたいと訴えるのでした。

 

看護婦さんの指示もあり、口寂しいときにはノンシュガーのキシリトールガムを食べて我慢することにしましたが、やはり実際に食べるのとは違うわけですから、あまり気休めにはなりません。

 

また、運動の方は平日早めに帰った日には30〜40分程度、そして休みの日には1時間程度ウォーキングを始めました。ただ、やはり雨の日まではやる気がおきませんから、そういう日は室内でステッパーをすることにしました。

 

(ステッパ-

 

こうして、最初の2〜3日はわりと快調に過ぎていったのですが、1週間を過ぎた頃からだんだん異変が、、、

 

とにかく甘いものが食べたくてどうしようもなくなってきたのです。(一種の禁断症状)

 

我が家の場合には夕食後甘いものを食べるのが習慣になっているのですが、妻や子ども達がおいしそうにクッキーやチョコレートを食べているのを見ているのが本当につらくなり、ストレスがどんどんとたまっていきました。

 

そして一人で家にいるときなど、無意識に台所にあるお菓子を手にとっていることが何回かありました。

 

しかし、「もしここで食べてしまったらすべてが水の泡だ。」となんとか思いとどまったのでした。

 

とにもかくにもこうして長い長い最初の1ヶ月が過ぎていきました。

 

 

(続く)

 

 Home

目次へ

次へ