コーナー名 株式投資

コラム>ネット取引開始!

 

ネット取引開始!

 

投資、株式に関する本を何冊か読んだ後、というか実際は読んでいるうちに、株が買いたくて買いたくて、いてもたってもいられなった正直者(注:こういう心理状態で株を買ってはいけません)は、早速ネット証券へ申し込みをすることにしました。

 

ひとくちにネット証券といっても現在かなりの数の証券会社があり、どれにしようか迷うところです。

 

 

選定にあたってのポイントは?−(20043月に初めて申込みした)正直者の場合−

 

 

売買手数料

 

まず一番気になるのが売買手数料でしょう。

2005/3月現在、期間限定で無料をうたっている証券会社も多数あり、競争は激化しています。

もちろん一番安いところに越したことはありませんが、証券会社によって料金体系がそれぞれ違っており、単純な比較はむずかしいです。

さらに仮に申し込み時点で一番安くてもその後の会社の状況によって変更の可能性もあるだろうし、、

 

 

正直者はあくまで中、長期投資が基本であり、取引回数が少ないですのでなにがなんでも一番安いところとは考えませんでした。(無論より安いほうがいいに決まっているのだが)

また、悲しいかな1回あたりの取引金額が小さいので、取引金額が安い場合の手数料が安い会社に注目はしましたが。

(但し、これがデイトレをやる人であれば、定額制での比較等詳細な分析、検討が必要となります。)

 

 

口座管理手数料

 

ネット証券の場合は口座管理手数料を取らない会社が多いのも魅力です。

 

情報量・質

 

これも一概にはどこがいいか比較するのはむずかしいですし、あくまでも最初はそれほどシビアに考える必要もないと割り切りました。

ましてや、これから国内株式への投資を始めようとする人の場合には、証券会社の情報量によって投資実績にそれ程大きな差がでるとは思えません。

(※自己責任での投資を前提、証券会社の推奨通り買うのであれば話は別ですが)

ただ、中国株等海外株式を購入される場合には証券会社により得手、不得手があるようです。

 

 

結論

 

正直者の場合は、とりあえず一社使ってみて、その後は状況に応じて増やしていく、というスタンスで決めました。(すみません、いまだ一社のみです。なんせ中長期なもんで。)

 

 

 

 ネット証券への申し込みなら以下をクリック

 

今話題のオンライン証券、始めるならSBI証券へ!

 

ロスカットも利益確定も自由自在、マネックス・ビーンズのツイン指値

 

2ヶ月間株式手数料が無料!丸三証券

 

 

 

 Home

次へ