コーナー名 株式投資

コラム>  株をやる前にやっておくこと

 

 

 

関連情報

http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=damesara-22&l=ur2&o=9株式投資の鉄則っていろいろありますが、個人的に一番重要なのは?と聞かれれば、迷わずこう答えます。

 「株は余剰資金で。」

 「なんだ、株のテクニックの話じゃないのか〜。そんなの当たり前じゃん。」って思うかもしれません。

 

しかし、株式投資にはまればはまるほどこのことを忘れていきます。(特にあなたがパチンコや競馬やゲームなどに熱くなりやすい性格であればほぼ100%間違いありません。)

では熱くなった場合にどんな目にあうのか? についてはこちらをお読みください。→2008年に学んだこと

こんなことにならないためにやっておくべきこと、それは

「将来必ず必要となる資金については、必要となるタイミングで確実に貯まるように計画的にかつ地道に積立を行う。」

ということです。この将来必ず必要となる資金は人それぞれですが、代表的なものと言えば教育資金や家の頭金や修繕費などでしょう。

また「必要となるタイミングで確実に」、というのがポイントです。どういうことかと言うと、「株式投資はもとより外貨建債券、金、銀等の商品、及びそれらの投資信託、さらにはFX、外貨預金等で積立、運用してはならない。」ということです。

これはいいかえれば「元本が保証されていない金融商品で積立をしてはならない。」ということです。

では元本が保証されていない金融商品のみに投資した場合にどんなことになるのか? についてはこちらをお読みください。→2008年に学んだこと(ってし、しつこいですか?)

ということで、当方の場合、主に教育資金捻出のため、現在給与天引きでの積立(財形貯蓄)を実施しております。

ただこの財形、いくら元本が保証されているとはいえ、残念ながら現在利率は極めて低い状況にあります。

よって少しでも有利な運用をするため、一定の期間になってある程度貯まったところで引き出して、より有利な運用先への預け替えを実施しております。(あまり頻繁にやるのは面倒なので現在は年1,2回程度ですが。)

ではより有利な運用先とは?ですが、

 

ネット銀行の円定期預金を利用しています。

ちなみに現在口座開設しているのは以下の2行です。

・住信SBIネット銀行

・ソニー銀行

これらネット銀行は一般の銀行に比べもともとかなり高い金利設定となってるばかりか、ボーナス時期には各社がこぞってキャンペーン金利を適用する場合もあり、さらにお得です。

また一般の銀行と同様、1000万円までは元本が保護されていますので安心。(2行も口座があるのは「いやいや、すでに1000万円以上貯まっちゃって一行ではとても不安なもので〜。」というわけではもちろんなく、口座開設だけなら無料ですし、各行の金利差を比較しより有利な銀行へその都度預けるためです。)

たとえ超低金利下であっても地道に積み立て、預け替えを継続していきます。

安心して余剰資金で株式等元本保証のない投資を楽しむためにも。

 

<関連情報はこちらから>



 

 

 

 Home

目次へ

次へ