コーナー名 

資産形成への道2 > 外貨投資

 >  米ドルはジャイアン

関連情報

 

 

 

 

  

ひとくちに外貨預金といっても、どの通貨を保有すべきでしょうか?

 

通貨の王様といえば、なんといっても米ドルですよね。

 

しかし、米ドルを持つことに関しては、専門家の間でも意見がわかれています。

 

正直者も何冊かの本を読んでみましたが、

 

A氏曰く「米ドルは、いまだに世界の基軸通貨であり、世界の貿易等取引における決済通貨としていまだに確固たる地位を保持している。よって米ドルを保有すべきである。」

 

一方B氏曰く「米国は貿易と財政の双子の赤字をかかえ、世界最大の債務国となり海外からの借金を増やし続けている。個人で言えばいわば多重債務者状態であり、いつドルが暴落してもおかしくない。よって間違っても保有すべきではない。」

 

 

いったいどちらの言う事を信じたら良いのでしょうか? 

 

 

 

 

「・・・・」

 

 

 

 

「・・・・」

 

 

 

 

「・・・・ {[(-_-)(-_-)]} …zzZZZ 〜♪考えるの面倒

 

 

 

 

ね、寝るな〜!!

 

 

 

専門家ですら意見がわかれるようなむずかしいことですから、到底素人にはわかるはずもありません。

 

 

よって自分なりに出した結論は

 

アメリカ(米ドル)=ジャイアン理論です。

 

つまり、

 

はっきり言ってやっていることはめちゃくちゃで、言っていることも筋が通っておらずほとんどが言いがかり、間違っている事は明らかである。

しかし、なんといっても力(軍事力、政治力、金融力等)があるから誰もさからえない。

よって、ジャイアンと仲良くしておけば、少なくとも損をすることにはならない!

 

 

 

ということで、米ドルも再び保有通貨として加えることにしました!

 

 

因みにアメリカと仲良し、世渡り上手なイギリス(ポンド)がスネ夫で、さしずめ日本(円)はのび太といったところでしょうか。

(ドラエモ〜ン、助けて〜!、、、(^^;)

 

※ご参考までに、米ドル保有派は木村剛氏、保有慎重派は森永卓郎氏などがおられますが、どちらの本もとても参考になります。

 

興味のある方はこちらからどうぞ。

木村氏の本

 

森永氏の本

 

 

 Home

目次へ

次へ