コーナー名 

英語学習のコツ > 

> 英会話スクールってどうなの?

関連情報

 

 

これから始めようとする方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

極東の島国で、国際化が進んでいるとは言えない日本ですら、いまやどこでも外国人をみかける時代。

 

本来、英語を覚える一番てっとり早い方法は英語を話す人といっしょに暮らすことです。

 

でもそんなのほとんど無理ですよね。

 

であれば、次にてっとり早い方法は英語を話す人と友達になることです。

でも、それすらなかなかむずかしいですよね。特に自分が英語を話せなければなおさらです。

 

だからまずとっかかりとして、英会話スクールに通ってみることです。

 

当然、第1の目的は、英語を学ぶことなんですが、さらに先生と積極的に友達になって、休日等の私生活でも英語を使う機会を増やしていきましょう。

それによって、ただで、それも授業を受ける以上の効果が得られます。

 

正直者は現在週一回の英会話スクールに通っています。

 

そこで感じたのは、英会話スクールのメリットはやはり相手が人間である、ということでした。

 

たとえいくらCD等での自己学習で内容を完璧に理解したところで、想定外の質問等の練習はできませんし、いわゆるSpeaking力の向上は非常にむずかしいです。

 

また、さらに相手の先生の国の文化、習慣を知ることもできます。相手の国の文化、習慣を知っていると会話の理解も非常にスムーズになります。

 

最近は競争の激しさで授業料も低下傾向にあるので、利用しやすくなっているのではないでしょうか。

 

 

中年からの英語学習

 

正直者がイギリスに行ったのは30をとうに過ぎてからでした。

 

はっきり言って中年になってからでは、ネーティブスピィーカーになるのは無理です。

特に発音は致命的。

 

だから、まず割り切ること。こてこての日本語英語でも十分通じます。

あとは、あまり語彙を増やすそうとはせずに、必要最低限の単語を覚えること。

さらには細かい文法は無視すること。多少でたらめでも意外と通じるものです。

それで十分会話になります。

 

正直者がイギリス滞在時、50代でイギリスに来た方が何人もいましたが、皆こてこての日本語英語、文法でたらめ状態でもちゃんと相手に通じていました。

 

 

 

 

 

 Home

目次へ

次へ