コーナー名 正直者一家のイギリス生活録

 

. イギリスのトイレ

 

イギリスのトイレは、日本のホテルのように通常お風呂といっしょになっています。

 

そして驚いたことに正直者一家が住んだ3件の家はすべて床がじゅうたんでした。(※正直者たちが住んだのは決して超豪華な家ではありません。むしろ労働者階級の人が住む家でした。)

 

最初の頃、これには非常に違和感と緊張感がありました。はねっかえりは許されません。(じゅうたんは掃除が大変、、、)

 

また日本と違い、イギリスのたいていの家では部屋中のみならず家中が暖かいです。

 

当然お風呂・トイレにも暖房がありますので、冬でも暖かいのです。 だから日本のように便座自体を暖かくする必要がありません。(また、日本のようにウォシュレットもありません。よく日本人向けの新聞にウォシュレットの広告が載っていたのを思い出します。)

 

話は少しそれますが、日本はいろいろな意味で本末転倒なところが多い国です。

 

便座もしかり、そもそも部屋が暖かければ便座をあたためる必要がありません。

 

そういえば、便器自体の品質が悪いのか、石灰分を多く含む水のせいなのか、タンクの部分がよく故障しました。 レバーを引いてもなかなか水が出ないので、何回もタンクのふたを開けて修理した覚えがあります。

 

便座もすべてが樹脂(プラスチック)でなく、木の便座もよくありました。

 

そんなある日正直者は家の便座が壊れて木の部分が割れてしまっていたのに気づかず、割れ目の間に尻の肉が挟まって、死ぬ思いをしました。(ノ><)ノ ヒィ〜助けて〜 (はさまるような肉質をしている自分が悪いのであるが、、、、) 

 

でもはさまったのが玉袋でなくてほんとよかったです、、、(^。^;)ホッ間一髪セーフ

 

 

 

 

 Homeへ

目次へ

次へ