コーナー名 正直者一家のイギリス生活録

 

.私はおまえを知っている

 

ある日のこと、正直者はいつもの通り、近所のスーパーへ買い物に行くために、Foot Path(フットパス)と呼ばれる歩行者専用道路を歩いていました。

 

すると突然後ろから、なぞの紳士が声をかけてきました。

 

「もしもし、そこのお人、私はあなたがどこから来たのか知っているよ。」

 

あまりに急なことで、正直者は事態がよくわからず、ただだまっていると、その紳士は得意げに、 「私は昔、香港にいたことがあるんだよ。だからあなたの国の事情は良くわかるんだ。」 と、とうとうと話を始めたのです。

 

イギリス生活が長くなるに連れ正直者がわかったことは、日本人が思っている以上に普通のイギリス人は日本人のことなんか気にもしていない、ということです。

 

ことイギリス人に限っては、アジア人イコール中国人と考えていると思ってほぼ間違いありません。

 

これは、白人=アメリカ人と考える人が多い我々日本人とある意味同じといえます。

 

皆さん、もう一度自分の姿を鏡でよく見ましょう、そして自分たちが何者かをよく認識し、アジアの人ともっと仲良くしましょう。

 

注)なぞの紳士の発言に関しては、正直者のヒアリング能力に基づいていますので、真意のほどは定かではありません、、、、

 

 

 Homeへ

目次へ

次へ