コーナー名 正直者一家のイギリス生活録

 

1.どこでも芝生

 

正直者がイギリスで何が一番すごいか?と聞かれたら、迷わず答えます。

 

「町じゅうに芝生があることです!」と。

 

公園、学校の校庭はもちろん、各家庭の庭、公道の脇等とにかくあらゆるところが芝です。

 

これは、見た目に美しいことはもちろん、それ以上に安全、快適さを提供してくれます。 また、お母さんにとっても、特に小さな子供がいる場合にはとても助かります。なぜなら、安全な遊び場がそこらじゅうにあるからです。

日本に戻ってきて何が一番困ったかと言えば、子供を安心して遊ばせることのできる場所が少ないということでした。これは、おかあさんにとってはかなりのストレスになります。

 

当然、各家庭では、芝を維持、管理するために結構な時間をさいていますし、芝刈をしていない家は近所から文句を言われたります。 まあそもそも、もともと残業、休出などほとんどない社会なので、このような管理ができるとも言えます。

 

正直者は元来不精なので、毎週のように芝をかるのは正直おっくうだったです。(別の芝刈りで忙しかったし、、)

それでも、いざ刈り始めてみると刈った後の状態のきれいさに自己満足し、また刈らずにはいられなくなったります。

 

日本の気候風土から、芝の維持管理は大変なのでしょうが、行政も各家庭も少しでもイギリスを見習って欲しいものだと思います。(とえらそうにいってますが、かくいう田舎者の今の家もいまだ芝生はありません、、、、)

 

とにかく回りがほとんど芝生なので、正直者は感動のあまり最初道端でゴルフクラブを振り回していて、見知らぬおじさんに怒られました、、、。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

 

さらにこりない正直者は興奮のあまり、夜遅く近くの牧場の前でひつじといっしょに記念写真を撮っていて、おまわりさんに職務質問までされちゃいました、、(^0^*オッホホ

 

 

 Homeへ

目次へ

次へ